supervised_user_circle

スタッフ

あなたの未病をケアし、一緒に健康を育んでいく「からだの専門家」です。

理学療法士

遠藤達哉

職務経歴

・2016年4月〜現在 IMSグループ 医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院
・2018年1月〜現在 奥村整形外科

資格

・理学療法士免許(2016年4月)
・理学療法士協会認定療法士(運動器)(2020年4月)
・巻き爪補正pedigrass ベーシックセラピスト(2019年11月)

経験・知識・技術

急性期病院や整形外科クリニックで、様々な怪我やご病気の方々のリハビリテーションに関わらせていただいています。
特に運動器疾患と呼ばれるカラダの怪我や整形外科手術後の事については、理学療法士協会の認定セラピストであり、深い関心があります。また、入谷式足底板やNWPL社米国足病医学セミナーの教育を受け、足やオーダーメイドインソールの作成に意欲的です。

院外でも様々な活動を行い、筋肉やスポーツに関する研究・学会発表の経験があり、常に新しい知見を収集しています。またスポーツ分野では、陸上競技実業団への介入実績があるため、運動の基本である歩くこと、走ることに関して様々なお話を共有できます。

私は、臨床場面でリハビリや治療を行い、手術後に歩けるようになったものの、長年の関節への負担でご自身の好きな靴を諦めている現状を目の当たりにしました。
その時、靴に限らず、自由な選択は健康であるからこそできることと実感しました。そのためには、今から未病の対策をしていくことが大切です。健康をきっかけに様々な選択肢を増やしていきましょう。

からだの専門家による
未病ケアサロン

からだの専門家である理学療法士が健康に関する情報を発信し、
健康を育む習慣作りのサポートを致します。
病気になる前段階の未病をケアして、病気や老化を一緒に予防していきましょう。