買ってはいけないインソールの特徴を教えます!Part1

はじめに

突然ですが、あなたはこれまでの人生の中で靴に入れるインソール(または足底板や中敷き)を購入したことがありますか。

マイボイスコム株式会社が11,607名に行ったインターネット調査では「ここ2~3年で何らかの足の悩み・トラブルがあった人」は男性5割強、女性8割強という結果となっています。

このアンケート調査からも多くの方が足に悩みを抱えていることがわかります。そのため、あなたやあなたの身の周りの方がインソールを購入したことがある、またはこれからインソールの購入を検討しているという方は多いと思います。

しかし現代では、オンラインショップ・靴屋・百円ショップなどで様々な種類のインソールが売られており、何を購入すればいいかの判断が難しいといえます。

今回のコラムでは買ってはいけないインソールの特徴とその理由を説明させて頂きます。コラムを読み終えた後はあなた自身でインソールの良し悪しをある程度判断できるようになります。ぜひ最後まで読んで頂いてインソール選びの参考にしていただければ幸いです。

買ってはいけないインソールの特徴

インソールは足をより良い状態に維持して、足のトラブルの改善やパフォーマンスの向上を目的に使用されます。しかし、物によっては効果は期待できないどころか足に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

結論から申し上げます。買ってはいけないインソールの特徴は柔らかいインソールです。

柔らかいインソールは履いていて足の裏が心地よい、低反発で足にかかる負担が少ないという理由で実際に購入されている方は多いと思います。私自身も理学療法士になる前はそういった商品の謳い文句を信じて購入したことがあります。しかし、医学的側面で考えると柔らかいインソールは身体にとって良くありません。

なぜ柔らかいインソールを買ってはいけないのかということを説明する前に、足のトラブルについて考えていきたいと思います。

インソールを購入する上での大前提の話

ホワイトレーベル株式会社が過去にご自身で靴を購入したことのある20歳から75歳までの男女1,000人に対して「足の悩みおよび靴に関する意識調査」のアンケートを実施した結果では足の悩みランキングは以下の通りになっています。

  • 1位:足が疲れやすい / 19.6%
  • 2位:靴づれ / 17.3%
  • 3位:外反母趾 / 11.1%
  • 4位:扁平足 / 7%
  • 5位:左右のサイズ違い / 6.3%

そして、上記のような問題に対して、「どのような方法でトラブルを解決したいですか?」というアンケートに対しては

  • 1位:新しい靴を購入する / 32.9%
  • 2位:履いてダメだった靴を2度と履かない / 25.0%
  • 3位:インソールを購入する / 22.2%

この結果から、多くの方がご自身の足に合った靴を見つけられずに困っているということがわかります。足の悩みの2位に上がっている靴ずれは適切な靴を選べていないことによって生じるケースが多いです。また、インソールは靴に入れるものなので適切な靴を選ぶことはインソールを購入する上で大前提となってきます。過去のコラムで靴選びについて解説したものがありますので、靴選びに関してはぜひ下記のコラムを参考にしてください。

https://nudge-co.com/column/痛みの原因は「靴選び」にあった?!/

足の悩みの原因

リビングくらしHOW研究所が平均年齢44歳の女性1,572名に「靴と足の悩みについて」のアンケート調査を行った結果では、ホワイトレーベル株式会社が行った上記のランキングの結果に加えて

  • 脚のむくみや冷え

という項目がランキングの上位に挙がっていました。ホワイトレーベル株式会社とリビングくらしHOW研究所のアンケート結果をまとめると足の疲れ・外反母趾・扁平足・むくみが足の悩みとして多いのですが、実はこれらの足の悩みは共通の原因が関与しています。

その原因は足の構造の破綻です。足は踵〜爪先の方へかかる縦アーチと母趾〜小趾の方へかかる横アーチがあります。

一見、足は塊のように思えますが、実は片足で28個の骨が複雑に組み合わさってできています。

足は体重をきちんと支え、動作を遂行するために構造的に安定している必要があります。しかし、骨組みのバランスが崩れるとアーチ構造が崩れ、足は過剰に柔らかくなり構造的に不安定になります。足のアーチ構造が崩れる要因は、足に負担がかかる靴を履いている、立ち姿勢や歩き方に悪いクセがある、捻挫の経験がある、加齢による筋肉や靱帯の衰え、遺伝的に骨格が弱いなどがあります。様々な要因がありますが、結果として本来の足の構造が崩れ過剰に足が柔らかくなってしまうことが足のトラブルの原因となります。

続きは会員のみ
ご購読いただけます。

関連コラム

からだの専門家による
未病ケアサロン

からだの専門家である理学療法士が健康に関する情報を発信し、
健康を育む習慣作りのサポートを致します。
病気になる前段階の未病をケアして、病気や老化を一緒に予防していきましょう。