老けやすい人、生活習慣病になりやすい人は生まれながら決まっている!

老化、生活習慣病の予防に効果がある
腸内最強の成分 エクオール!!

エクオールをご存知でしょうか?
エクオールとは腸内で腸内細菌が食物に働きかけて作られる成分です。
今回はこのエクオールについてお話ししていきます。
その前にエクオールは女性ホルモンと似た働きをするため、女性ホルモンについてはじめに説明していきたいと思います。

女性ホルモンの代表エストロゲン

エストロゲンとは女性ホルモンを代表するホルモンの一つで

  • 妊娠の準備を整える
  • 脂質代謝
  • 骨量の保持
  • 肌のツヤ・ハリの維持
  • 心臓・血管の保護効果
  • 脳・中枢神経系の保護
    など様々な作用を有しています。

女性ホルモンは一般的には40歳前後から分泌量が減り、当然エストロゲンの量も減ることになります。今までエストロゲンの効果によって保たれていた健康が年々害されていき、その大きなものの一つに更年期障害というものがあります。

更年期障害についてはまたどこかで詳しく説明させて頂くことにして、今回はエクオールについて深掘りしていきたいと思います。

エクオールとは

「エクオール」は大豆イソフラボンが腸内細菌の力で変換されて生まれる成分です。このエクオールの成分はエストロゲンと同じような作用があります。
それだけではなく、体をサビさせない「抗酸化作用」があります。

エクオールの作用をまとめると

  • 更年期症状の改善
  • 抗酸化作用
  • 骨粗鬆症の予防
  • 動脈硬化の予防
  • メタボの予防
  • 皮膚老化の予防
  • 脂質代謝の改善
  • 前立腺癌の予防
    と様々な素敵な作用があり、まさに腸内最強の成分と言えます。

特に女性にとってはいつまでも美しく、健康的なカラダでいるためには必要不可欠な成分と言っても過言ではありません。
こんな素敵な作用を持つエクオールだったら、どうやったらたくさん腸内で作れるの?と気になるところですよね。

しかし、残念な事にエクオールはそう簡単に作られないのです。

エクオールは日本人の半分が作れない

詳しく言うと日本人はエクオールを作れない人56%、エクオールを作れる人44%。なんと日本人の半数以上の人はエクオールを作れないのです!!!

これが残念ながら残酷な真実です。

だからこそ、多くの方が40歳をすぎると更年期障害になり、生活習慣病になり、しばしば年齢より老けて見らてしまうことがあります。
全てがこのエクオールによって予防できるわけではありませんが、エクオールによってこれらの症状が予防されることは研究でわかっています。

ここまでの話だけでは、エクオールは確かに素晴らしいものだけど、生まれながらエクオールを作れるか決まっていて、結局、老化や病気になるリスクの大小も生まれながら決まってしまっているということになります。

しかしご安心ください。「諦めるのはまだ早い」ということをお伝えしたくて今回のコラムを書いています。
それを後半で説明していきます。

続きは有料会員のみ
ご購読いただけます。

関連コラム

からだの専門家による
未病ケアサロン

からだの専門家である理学療法士が健康に関する情報を発信し、
健康を育む習慣作りのサポートを致します。
病気になる前段階の未病をケアして、病気や老化を一緒に予防していきましょう。