その「いびき」病気の前兆かも

いびきの陰にある危険

はじめに

みなさんは、睡眠時無呼吸症候群をご存知でしょうか。英語名のSleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS」とも呼ばれます。
SASは、寝ている間に何度も呼吸が止まったり、浅くなったりする病気で、ほとんどの場合で激しいいびきを伴います。
日本人で習慣的にいびきをかく人は約2,000万人いるとも言われており、その中でも重篤な症状を起こすことがあるSASの疑いがある人は約300万人以上いると言われています。
あなたの隣で寝ているパートナーが、大きないびきをかいて寝ていたら要注意かもしれません。
SASにより日中に眠気を感じ、集中力が低下してケガや事故の原因となることもあると言われます。また、高血圧症を合併しやすく、そのため脳卒中や心筋梗塞、糖尿病との関連も指摘されています。重症化したSASでは健常人と比べて死亡する確率は2.6倍と報告されています。

このように危険なSASですが、基本的には症状が出ないようにコントロールする治療を行うだけで、残念ながら根本的な治療法はまだ存在しません。そのため予防が非常に大切になります。

結論から述べますと、SASの予防には、生活習慣を見直すことが大切です。生活習慣次第では、眠る前までにすでにSAS発生の環境を生み出してしまっている可能性があるということです。

今回のコラムでは、SASの概要や危険性について解説します。そして最後に予防法もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

SASは「7時間の睡眠のあいだに無呼吸が30回以上、または1時間の睡眠中あたり5回以上の無呼吸がみられた場合」にいわれます。

「無呼吸」とは眠っている間に呼吸する空気の通り道(上気道)が狭くなり、呼吸が何度も止まることを指します。一般に10秒以上息が止まることを無呼吸といいます。
10秒以上息が止まることが、睡眠中に起こっていると考えただけで、怖いという印象があります。無呼吸によって、呼吸が一時的にでも停止すると、血中の酸素が不足し、深い睡眠がとれなくなります。そのため、夜中に何度も目が覚めたり、起床時に疲れが取れていなかったりと、しっかりと体を休めなくなってしまいます。慢性化することで、睡眠不足の状態に陥ることから、日中に強い眠気を感じ、記憶力や集中力が低下することにも繋がります。場合によっては気分が落ち込み、うつ状態が現れるケースもあるといわれています。
症状が進行して重症化すると、高血圧や不整脈、動脈硬化を促進するという報告もあり、狭心症、心筋梗塞、脳卒中などの合併症を引き起こす危険性も増加します。
このように、睡眠時の呼吸が阻害されることにより酸素不足となるデメリットと睡眠不足によるデメリットの両方が身体に襲いかかってきます。

こんなに恐ろしいSASですが、残念ながら根本的な治療法はまだ存在しません。そのため予防や、初期での早期治療が大切になります。

SASかも?と思ったら

このSASの概要を知っただけでは、ご自身がSASなのかどうか判断することは、難しいと思います。

以下に提示するチェックリストをご覧いただきご自身がどの程度当てはまるか確認してみてください。多く当てはまるほどSASの危険性が高いです。

  • 肥満傾向
  • 寝付きは良いが夜間の眠りが浅い、しばしば目が覚める
  • 仕事中や会話中、運転中に眠くなることがある
  • 集中力が続かない
  • 寝る前にお酒を飲む
  • 良くいびきをかく
  • 何度も目が覚める(トイレに行くことも含む)
  • いくら寝ても熟睡感がない
  • 起床時に口が渇いている
  • 起床時に頭痛がある

またその他にも、口腔内を簡単に確認することでも無呼吸の可能性が高いかどうか分かると言われています。

以下のイラストをご覧ください。鏡の前で口を開けてご自身の口の中を確認してみてください。

いかがでしたか。

実際には、詳細を調べるためポリソムノグラフィによる検査を行います。一泊入院をして、睡眠中の呼吸や睡眠・覚醒の状態、心電図、血液中の酸素濃度、脳波の変化や眼球の動きを調べたり、鼻や口の気流測定、心電図検査などを精査をします。

また、受診後に自宅で行う簡易型検査もあります。 
ポリソムノグラフィ検査ができる施設は限られているため、最初に簡易検査でSASの可能性があるかどうかをスクリーニングすることが多く、重症例はこの検査のみで確定する場合もあります。

今回のチェックリストや口の中を確認してハッとした方はいたでしょうか。十分に寝ているはずなのに日中に眠気を感じたり、家族から大きないびきを指摘されたことがある場合は、医療機関を受診しましょう。中には眠気などの自覚症状を感じないまま過ごしている重症の人もおり、治療後に初めて症状があったことに気がつくこともあります。
SASは呼吸器内科だけでなく、さまざまな診療科で診療を受けることがてきます。専門外来を設けているところもありますので、医療機関のホームページで確認すると良いと思います。

原因は気道が狭くなること

このように様々な合併症リスクなどがあるSASですが、どのようにして起こるのでしょう。

続きは有料会員のみ
ご購読いただけます。

関連コラム

からだの専門家による
未病ケアサロン

からだの専門家である理学療法士が健康に関する情報を発信し、
健康を育む習慣作りのサポートを致します。
病気になる前段階の未病をケアして、病気や老化を一緒に予防していきましょう。