そのむくみ、メカニズムをご存知ですか??

仕事から帰ると靴下の跡がくっきり。手の指がパンパンで指輪が抜けない。そんな経験をされたことのある方はたくさんいらっしゃるでしょう。

日経doorsで2019年12月から2020年1月までの女性読者150人を対象とした調査によれば、対象の約1/3の方がむくみを悩みとして抱えているとのことです。

むくみは女性の3人に1人が抱える共通の悩みだと言えますね。

体のさまざまな部分に生じる『むくみ』の症状。むくみは病気によって起こることもありますが、生活習慣が原因になることも多いです。

むくみを改善するためにはまずむくみのメカニズムを知る必要があります。

今回のコラムでは、むくみのメカニズムをお伝えし、むくみ対策についてご紹介していこうと思います。

むくみとは

「むくみってなんですか?」

こう聞かれて、多くの人は体に水分が溜まってる状態をイメージするのではないでしょうか。

そうです。むくみは体と体の中の水分が大きく関わっています。医療用語では「浮腫」と言ったりもします。

なんとなくは理解できている方が多い一方で、メカニズムなどは知られていないことが多いですよね。より詳しくむくみについて説明していきます。

人の身体は、約60%が水分で占められており、体の細胞の中や血液、細胞と細胞の隙間を埋めています。

細胞の中にある水分を細胞内液、血液に含まれる水分や細胞同士の隙間を埋める水分を細胞外液と呼びます。身体を満たす水分のうち、55%が細胞内液、45%が細胞外液にあるとされています。

この45%の細胞外液は血液や細胞同士の隙間を満たす水分、リンパ管や骨に存在していると言われます。

続きは有料会員のみ
ご購読いただけます。

関連コラム

からだの専門家による
未病ケアサロン

からだの専門家である理学療法士が健康に関する情報を発信し、
健康を育む習慣作りのサポートを致します。
病気になる前段階の未病をケアして、病気や老化を一緒に予防していきましょう。