「尿漏れ」対策しませんか?~骨盤底筋トレーニング~

思いがけない時に「尿漏れ」の経験はありませんか?

くしゃみをした時、力んだとき、ジャンプをした時…。尿漏れは男性よりも女性に多く見られると言われています。

日本人女性の30~40%に認められると言われ、40歳を過ぎると半数近くに症状がみられると言われます。「尿漏れなんて恥ずかしくて言えない。」と悩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は多くの女性の悩みとなっているのです。

この尿漏れの原因。“骨盤底筋の筋力低下”がほとんどだと言われています。

このコラムでは骨盤底筋の役割や尿漏れと骨盤底筋の機能の関係、骨盤底筋トレーニングについてお伝えしていきます。すでに尿漏れでお悩みの方、まだ尿漏れを経験されていない方もこのコラムを読んで改善・予防していきましょう!

尿漏れとは

尿漏れとは、専門的には尿失禁と言われ、自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまうことです。尿漏れは大きく分けて4種類あります。

  1. 腹圧性尿失禁
  2. 切迫性尿失禁
  3. 溢流性尿失禁(いつりゅうせいにょうしっきん)
  4. 機能性尿失禁

それでは各種類について簡単に説明していきます。

腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁とは、お腹に力が入った時に尿が漏れてしまうものです。最初に例として挙げたような力んだ時、咳やくしゃみをした時などに生じます。女性の尿漏れの中で最も多く、尿漏れの人の過半数を占めると言われ、重症化すると歩くだけで尿が漏れてしまいます。

腹圧性尿失禁は骨盤底筋・靭帯・結合組織が緩んでしまったり、筋肉のダメージが起こったりすることで生じます。

切迫性尿失禁

切迫性尿失禁とは、トイレに行きたいと思ったら、我慢できずに漏れてしまうものです。公共交通機関を利用した外出などが億劫となり、トイレを中心に生活を考えてしまうようになり、日常生活に影響を及ぼしてしまいます。この尿漏れは、脳血管障害などの影響により脳からの命令がうまく伝わらなくなることが原因となることもありますが、多くは骨盤底筋の脆弱化や加齢が主な原因となります。

溢流性尿失禁

溢流性尿失禁とは、尿を出したいのにうまく出せず、膀胱内に溜まってしまい、少しずつ尿が漏れ出てしまうものです。この尿漏れは男性に多く見られ、代表的な疾患に前立腺肥大症があります。神経のダメージによって膀胱のコントロールが悪くなることや、尿道が圧迫されてしまうことも原因として挙げられます。

機能性尿失禁

排尿機能は正常にもかかわらず、身体運動機能の低下や認知症が原因となって起こる尿失禁です。うまく歩けなくてトイレに間に合わない、認知症でトイレの場所が分からずトイレに間に合わないなどです。

尿漏れは4種類に大別されることが分かりましたが、腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁の両方の症状がある混合性尿失禁という分類もあり、大半が腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁だと言われています。

これらの尿漏れの原因として共通して挙げられるのが「骨盤底筋の脆弱化」です。ここから先は骨盤底筋と尿漏れについてお話していきます。

続きは有料会員のみ
ご購読いただけます。

関連コラム

からだの専門家による
未病ケアサロン

からだの専門家である理学療法士が健康に関する情報を発信し、
健康を育む習慣作りのサポートを致します。
病気になる前段階の未病をケアして、病気や老化を一緒に予防していきましょう。